結婚式を控えた方必見!オープニングムービー制作に関するよくある疑問を解決しておこう!

結婚式のオープニングムービーを自作する際の制作方法

結婚式のオープニングムービーを自作するときの制作方法は、まずスケジュールを決めることです。
完成するまでにどのくらいの時間が掛かりそうなのか、しっかりと考えて計画を立てましょう。
一般的には、挙式の3〜4ヶ月に作業に取り掛かります。
式場にいつ納品しなければならないのかも調べて、スケジュールを決めておくとスムーズです。
本格的に作り出す前には、リサーチやコンセプト決め、構成や素材集めをします。
リサーチは動画サイトなどで他の新郎新婦はどんな映像を作っているのか、参考になりそうなものはないか調査するだけです。
出来るだけ多くの作品を見て、何か参考にならないか探ってみましょう。
コンセプト決めでは、内容について詰めていきます。
馴れ初めの紹介や自己紹介、来賓への感謝の気持ちなど、映像を通して何を伝えたいのかコンセプトを決めておきます。
内容が決まったら二人の写真や盛り込みたいメッセージなどの素材を集めて、専用のソフトで仕上げるだけです。
最後に結婚式のスタッフに確認をして、完成です。

結婚式のオープニングムービーを自作するときの注意点

結婚式でのオープニングムービーを自作するきの注意点は、字幕が読みづらくないよう、背景と同系色は避けて、文字の大きさに注意をします。
パソコンやスマートフォンの画面で見栄えが良くても、実際スクリーンに打ちしだしたときに見づらく感じることがあるため注意が必要です。
別れなど、忌み言葉、使うべきでない言葉を使わないよう避けるようにします。
言い換えるなどの工夫が必要です。
オープニングムービーは、あっさりとした長さがベストで、5分以上かけるとゲストが退屈していまいます。
スタイリッシュにテンポよく流すように行うことがおすすめです。
内輪ネタばかり組み込むと、それ以外のゲストが飽きてしまいます。
ゲストを名指しすることもあまり好ましくないため、名指しするときにはほどほどが必要です。
作成するときには余裕をもって制作するように期間を設けます。
結婚式まで10日程度しか時間がないという場合には、式場や制作関連の業者に依頼するという選択肢も検討するようにし、時間がないという場合には、自作せず政策会社に依頼した方が良いです。

結婚式に関する情報サイト
結婚式のオープニングムービー制作によくある疑問

当サイトは結婚式を控えた方必見の、オープニングムービー制作に関するよくある疑問を解決するのに役立つ情報を紹介しています。披露宴の始まりに使う映像の制作をしたいと考えている人におすすめです。式のオープニング映像を自作する際の制作方法も解説しています。自分たちで作る予定なら、参考になるかもしれません。また式のオープニングのムービー制作を外注する際の依頼先の選び方も説明していますので、どこに頼めば良いか分からない人にも役立ちます。

Search